本文へスキップ

夢の街グループは~ハッピーライフを送る為の環境を作ります〜


http://www.walleve.net/

生活環境Life environment

健康


なんといっても健康な身体が大切です。
 
 やりたい事も出来なくなってしまっては楽しい毎日は送れませんからね!
では健康とは何でしょう?

日本WHOによると肉体的にも精神的にもそして社会的にも全てが満たされた状態にある事と言われています。

社肉体的、精神的には分かりますが会的な健康とはなんでしょうか、良好な人間関係が築けているか?という事だそうです。

 良好な人間関係って何でしょうか?すべての人と良好な関係は難しいと思いますが、私が思うに自分が自分で居られる場所を作れれば良いと思います。
 自分が思っていることなど気軽に話せる人や仲間がいればストレス発散や精神的な健康を損なう事を未然に防げると思います。SNSなどの表面的な知り合いもいいのですが、少し面倒でもより深い人間関係を作れる環境が有ると見つけやすいと思います。


 
因みに「サークル・ハッピーライフ」も自分の居場所を探せる場所として考えていますので興味が有ったらどうぞ!

睡眠も大切です日本人の大半が良い睡眠が取れていないと言われています。「グッドナイト27000」は、赤ちゃんに安らぎを与える効果があるとされるミルクペプチド特許成分のラクティウムをはじめ、テアニン、ラフマ、グリシン、カモミール、ギャバ、トリプトファンなどの有効成分をたっぷり配合。「寝つきが悪い」「眠りの質がよくない」「寝起きが悪い」といった悩みをサポートする休息サプリメントです。導入、質、目覚め この3つのながれでしっかり休息サポートして行きます。

グットナイト27000+(GOOD Night27000+)


 
癒し


 肉体

やっぱり大切なのは、身体ですよね、年を重ねるごとに衰えたり、悪い物が貯まったりします。腸内環境は特に目に見えないし少しづつ溜まっていくので気付かないうちに悪化していきます。便秘や体調不良、肌荒れの原因に成ります。
悪い物を身体から出し良い菌を補給しないと良く成りませんがなかなか自然の物では出来ません。そこでおススメなのが8つの厳選成分で内側から身体環境を整える【 おなか革命 】 です。悪い物を出して良いものを補給し腸内環境を整え良い菌を増やしてくれます。日本成人病予防協会の推奨品でもあるので安心です。
 是非お試し下さい。



低体温症


人間は一定の体温を維持する機能をもつ恒温動物ですが正常な生体活動維持に必要な水準を下回った時に生ずる様々な症状の総称を低体温症と呼びます。
 低体温に成ると酵素の働きが低下する為新陳代謝が悪くなり免疫力も低下します。その他排泄機能低下、自律神経失調症発症、アレルギー症の発症など身体の機能も低下してきます。

では低体温症とはどれくらいの体温を言うのでしょう一般的には36.5度前後が平熱と言われるのですが、低体温症の中でも軽い軽度低体温症とは35.5度〜32度くらいです。このくらいの症状だと私が34.7度〜35.7度くらいで疲れやすい、肩、首の凝り、ももからふくらはぎ足先の冷えとたまに立ちくらみがする感じです。
 免疫力をつかさどる血液中のリンパ球の数が減り疲れやすくなると考えられるようです。
 もう1つ体温が35度になるとがん細胞が活発になるとも言われているようです。

原因は
 ミネラル・ビタミン不足
 タンパク質不足
 冷たい食べ物や甘い食べ物の食べ過ぎ
 ダイエット(食べない系ダイエット)
 冷暖房などが整っている住環境
 運動不足(筋肉量の減少)
 過度のストレスのよる血行不良・自律神経の乱れ
 ホルモンバランスの乱れによる自律神経の乱れ
 
が主な原因のようです。現在は大丈夫でも過去に症状が出てそのまま気がつかづ低体温の状態が続いている場合も有ると思います。

改善方法
 ミネラル・ビタミンなど必要なものを補給する。
 運動不足解消、筋力を上げる特に第2の心臓とも呼ばれるふくらはぎの筋力を上げて血液のポンプ機能を改善する。
 お風呂にゆっくり浸かり体温を上げる。
 腹巻をして体温が下がらないようにする。そのた手首、首、足首の首の付く部分を冷えないようにする。
 その他原因となる部分の改善。

当然ですが原因が分かればその部分を改善し普段取り入れずらいミネラルやビタミンその他必要なものはサプリメントなどで取るようにしてみましょう。

今回はオーガランド亜鉛を取り入れてみようと思います「夢の街グループ」で経過更新しています。夢の街グループブログ(健康な身体を作ろう)

DHC 亜鉛
アサヒ ディラナチュラ
シード コムス
小林製薬 亜鉛
ファンケル 亜鉛
ネイチャー・メイド
オーガランド 亜鉛



 
1、整理整頓
2、仕事
3、健康
4、人間関係
5、見た目(服装、髪型)
6、悩み
7、学ぶ

生活環境トップへ戻る