本文へスキップ

わんこの道楽は楽しい生活を送るお手伝いをします。

広告

プロバイダー provider

プロバイダーの選び方


プロバイダーって?

プロバイダーとは、単語での意味は何らかのサービスを提供する事業者のとです。
 一般的にプロバイダーと言うとインターネットに繋げる為の業者という認識ですよね!
 正式に言うとインターネット・サービス・プロバイダー(IPS)の事を皆さんプロバイダーって言っています。
 このインターネット・サービス・プロバイダーはインターネットに繋ぐ回線を相互に接続してインターネットに繋ぐ業者のことです。
 つまりインターネット・サービス・プロバイダーと契約することでインターネットへの接続を代行してくれるのです。インターネット・サービス・プロバイダーのサービスとしてインターネットの接続の他に電子メールのアカウント、WEBページのスペース提供などが有ります。
 インターネットに繋ぐには固有の認識番号がパソコンに割り当てられます。この番号を(Internrt Protocol)IPアドレスとといいこの番号を割り振るのがプロバイダーの役割りです。
 IPアドレスは、空いている番号を融通しながら使用するので時々変わり、ずっと固定のIPにする場合は別料金がかかります。プロバイダー業者によって使用できるIP番号の範囲は決まっており、IPアドレスを見ればどこのプロバイダからインターネットに接続しているかすぐにわってしまいます。(大企業、官庁、大学などは固有のIPを使用しています。)

 
回線

 話が前後してしまいますが、電話番号が決まっても、線を回して(回線)もらわないと電話はつながりませんね。同様にインターネットも通信回線を利用しなければインターネットとつながりません。この回線業者の代表的な存在がNTTであり、他に有線放送会社、ケーブルテレビ会社、電力会社などが有ります。
 この回線を使ってインターネットに繋ぐのでこの回線を使用できるインターネット・サービス・プロバイダーと契約をする事に成ります。
 ほとんどの場合が回線とインターネット・サービス・プロバイダーを一緒に契約するのですが、別々の会社と契約するので、料金は別々の請求に成ります。

 だいたいインターネット回線とインターネット・サービス・プロバイダーの関係は分かりましたか?

  私が使っているプロバイダーは固定回線がGMOとくとくBBのドコモ光 でモバイル回線がBroadWiMAXです。始めは固定回線がJ.COMでモバイル回線がGMOとくとくBB でした。
 どちらも使い方に寄ってはかなりお得なプロバイダーですが、ライフスタイルが変わったので切り替えました。その理由を書いてみたいと思います。

固定回線

 
固定回線はJ.COMを使っていました。J.COMはケーブルテレビの会社で、インターネット、専門チャンネル、電話を組み合わせて契約します。最大の特徴は専門チャンネルを低価格で見られる事です。TVが大好きな人にはかなりお得なサービスで私も海外ドラマを録画して見ていました。

 最近、通信速度を上げたいのとWi-Fiの入りが悪いのでプランの変更を検討することにしました。通信速度は光回線にする計画でした。それにTVを見る時間が少なくなって来たのと丁度ポータブルTVを買ったのですが、視聴するTV2台目からは追加料金が発生する事を知りTVは諦めて他社も視野に入れて考えたところ、易くて通信速度低下を防ぐルーターに引かれGMOとくとくBBのドコモ光 に切り替えました。2018年4月



注意:キャッシュバックの方法は複雑な部分が有るのでプロバイダーに連絡してキャッシュバック方法をしっかり聞いてから行いましょう!


モバイル回線

モバイル回線もGMOとくとくBB でした。今、モバイルWi-Fiルーターは2年又は3年間が安くてそれ以降は利用料金が上がるシステムが多いです。GMOとくとくBB はその中でもかなりお得な料金でしたが、3年間を過ぎていて料金が通常料金に成っていたので、安いプロバイダーを探していたところ契約の違約金を負担してくれて、3年目以降もそれなりに安いBroadWiMAXというプロバイダーを見つけたので切り替えました。



3年目以降も比較的低価格のモバイルWi-Fiルーター&乗換費用を負担してくれるキャンペーン有りです


 

 
2018年11月